投資におけるミニ株ってどんなもの?

ミニ株とは日本では、通常、株は銘柄により、1000株単位での購入や100株単位での購入といったように、購入可能な単位というのは決められています。
単位株と呼ばれているのですが、それぞれの銘柄によって、何株単位で販売されているのかは違っています。
1株200円の株の銘柄を買いたいと思った時にその銘柄の株は1000株単位だった場合には、単純に考えてみても20万円の資金が必要ということになります。
しかしミニ株の場合には単位株の10分の1の単位で購入することができるという特徴があります。
ですから200円の株を1000株単位で買わなければいけなかったところを、10分の1で済みますから、100株の2万円で購入できるのです。
ミニ株の特徴としては、少ない資金で上場している銘柄の一部分を売買することができるので、今までは手を出すことができなかったという株でもミニ株なら手軽に購入することができるという魅力があります。
ミニ株は単位株の10分の1ずつ売買することができるのですが、ミニ株の売買はどの銘柄でも売買可能というわけではありませんから、場合によっては売買できない銘柄もあります。
例えば、単位株が1株の銘柄については取引できません。
1株単位で販売をしている銘柄もあるのです。
例えば、ヤフーやNTT、JR東日本などは1株単位になりますから、こうした株の銘柄は売買できないことになっています。
ミニ株で売買する際には指値注文もできませんし、当日注文もできないので覚えておきましょう。
nisaデメリット損失