俺の育毛剤体験レビューを公開します

現在、32歳ですが、育毛剤を1年くらい前から利用しています。

短くとも半年以上、一日二回、朝晩で用いないと育毛効果があらわれないと注意書きにあったので、続けて使用してはいますが、実のところ、徐々に薄くなって、効き目を実感してはいません。

誰にでも効果があるわけではないとわかっているつもりですが、とても無念です。

AGA(男性型脱毛症)の治療方法にはいろいろな方法があります。

まず、飲んで効果を出すプロペシアという薬は男性型脱毛症の治療にとても有効で、高い効果があげられます。

それに、効果が認められている外用薬としては、フロジンとかミノキシジルといった薬がよく使用されています。

他には、注射器などでメソセラピーという発毛に有効な成分を直接、頭皮に注入するという外科的な手法もあります。

それらの他にも、HARG療法などの手段を症状や予算によって、自分に都合のいいものを選べます。

ここ数年で聞くようになった、グリーンスムージーなども多く出回っていますが、毛を増やすためには、果物を食べろ、といわれているようです。

ミネラルやビタミンが多く含まれる果物は、タンパク質の生成による髪の毛の成長をサポートしてくれます。

いっぱい果物を食べると、髪の毛が育つでしょう。

注意が必要なのは、果物は素早く体内に吸収されるため、大切なことは、空腹の状態で食べることです。

近頃、育毛を目的としてエステに足しげく通う男の人が増加しています。

エステティシャンによる頭皮のケアで、丈夫な髪が伸び、成長していくのではないでしょうか。

育毛エステは安価なものではないということは頭に入れておかないといけませんし、 多忙で、続けられる自信が無い方もいるのではないでしょうか。

一方、育毛クリニックと違って、 目覚ましい効果は得られない、という声もあるでしょう。

薄毛の要因次第では、エステに通うことで、満足のいく結果が得られないかもしれません。

数年前のことですが、毛髪クリニックとして有名なリーブ21がびっくりすることにウーロン茶エキスの中に育毛促進作用が認められたという研究の成果を公表しています。

少し詳しく話しますと、主な薄毛の原因はDHTという男性ホルモンから変化したホルモンで、ウーロン茶はこの変化を促す酵素の働きを抑制する効果が確認され、とくにAGA(男性型脱毛症)の治療に役立つ見込みがあるということでした。

とはいえ、ウーロン茶を飲めば、すぐに発毛に繋がるという訳ではないことを断っておきます。

一部の人に限りますが、お茶が髪にも影響するでしょう。

つい手を出しやすい缶コーヒー、清涼飲料水などは糖分や保存のための添加物などたくさんの余計なものが含まれていますから、缶コーヒーや清涼飲料水などの嗜好品を飲む代わりにお茶を飲むことで体も髪も健康になって良いことだらけです。

また、お茶のメリットは何より手軽に髪にも必要なミネラルやビタミンが摂れます。

色々な種類があるお茶の中でも、ルイボスティーやゴボウ茶は、特に栄養豊富でオススメのお茶と言えます。

私達、ヒトの体はおよそ60%が水分で作られています。

それゆえに、健康を考えると、一日当たり3リットル程度の水分を摂取した方が好ましいといえます。

体内の水分が不足すると血液が濃くドロドロになって、血行不良になります。

その結果、髪に届くはずの栄養が行き渡らず、髪の健康的な成長が阻害されます。

さらに、水分が不足すると肌の状態も悪化しますから、同じく肌である頭皮の状態も悪化させてしまうのです。

育毛剤を使うにあたり、満足のいく結果を感じるためには、育毛剤の主となる成分の内容も重要なポイントとして言われていますが、添加物フリーで、かつ香料フリーという点も重大なポイントとして挙げられるでしょう。

参考:http://www.orwo-media.com/

その理由は、香り成分や酸化防止剤を配合することにより、逆に、頭皮に悪い影響を与える結果を引き起こしてしまうからです。

薬や外科的な治療と比べてはいけませんが、スカルプマッサージは男性型脱毛症(AGA)の治療に際してはとても良い影響を与えます。

的確なマッサージによる刺激で育毛環境のベースとなる頭皮の状況が良好になり、クリニックでの治療効果を得やすくなります。

人にやってもらうのも可能ですが毎日自分で続ければ新陳代謝が活発になり、脱毛や肌トラブルを招く角栓を生じにくくし、古い代謝物が排出されやすくなるというメリットがあります。

エッセンシャルオイルも良いものを選んで使えば、髪を健康に育てる第一歩になるかもしれません。

植物由来の効果で、血の巡りを良くしたり、痒みのケアにも役立ち、それが髪の毛にいい効果が期待され、それらの効果を期待されて、育毛剤や育毛シャンプーなどにはハーブの成分が入っていることもあります。

香りや効果も様々な種類があるのが、エッセンシャルオイルの特徴でもあるので、好みをものを自由に選びましょう。

医療機関の手を借りずにAGAを自力で治すことは、一部に限定すれば可能と言えます。

毛根に薬剤を注入するメソセラピーや頭皮に毛を移植する植毛は、実習と研修を重ねた医療技術者にしか扱えません。

ただ、薬を中心とした治療であれば自分で海外の業者から個人輸入で手に入れることで自分だけで治療を完結することができます。

その場合はジェネリック医薬品を指定すれば、普通に病院に通った場合に比べて価格的にだいぶ抑えられるという利点があります。

ストレスが心身に及ぶと抜け毛が急に増えることがあります。

1つか複数の十円玉サイズの脱毛が生じる円形脱毛症(通称10円ハゲ)もその要因にストレスがあげられています。

同じようにAGAの症状が発現するのもやはりストレスがきっかけであることが多いです。

ひどくストレスを受けたりすると、生物学的には自然な反応ですが、体内のホルモンの分泌に変化が現れます。

男性型脱毛症というようにAGA発症は男性ホルモンの影響を強く受けるため、ストレスと結びつけて考えることは間違いではないのです。

がんばって育毛剤を使ったりクリニックに通ったりというケアをするにしても、髪の毛の根底の身体が不良の状態では効果が出るものも出なくなります。

すなわち、血液循環を良くする体質改善が求められます。

運動不足や睡眠不足の状態から脱する、手軽だからとシャワーのみで終わりにしないで湯船に浸かるようにする、喫煙する人はタバコを節制する等で少しずつ体質が向上するはずです。

育毛グッズもいろいろあります。

でも育毛と関係のなさそうな、ピップエレキバンやピップマグネループというような製品を育毛のために役立てようと、使用している人もいます。

さて、育毛にとって最重要事項といえば、何はともあれ「血行」です。

どうしてかというと、髪が受け取る栄養は、血液といっしょに血管内を移動して、頭皮に至るものだからです。

新鮮な血液は、心臓から頭皮へと移動しますが、心臓と頭皮の中間あたりに首や肩がありますが、ここが凝っているということはつまり、そこで血行不良が起きているという証拠です。

そこで、ピップエレキバンなどで凝りを解消させてあげると、血行を邪魔するものを排除することで、髪への栄養や酸素は、しっかりと頭皮にある毛細血管まで運ばれるようになるはずです。

当然ですが、毎日の食事が髪の毛の質を左右します。

毎日の食事に取り入れてほしいのは、たんぱく質が補えるものです。

髪の毛の成長のために、たんぱく質は必須の栄養素です。

たんぱく質補給でおススメなのは大豆、乳製品、卵などが該当します。

中でも、大豆は、中に含まれているイソフラボンという成分が男性ホルモンを抑制するため、育毛に高い効果が期待できる、おススメの食材です。